ご祭神:誉田別命(ほんだわけのみこと)

鎮座地:千葉県東金市家之子1657

ご由緒:建武元(1334)年、時の征夷大将軍 護良親王が、父の後醍醐天皇の勅命により鎌倉に幽閉されるや親王の姫宮、華蔵姫は父宮の上を深く哀慕して鎌倉へ赴いたが、時すでに遅く親王は足利直義の手によって討たれた後であった。姫宮は悲嘆の末やむなく帰路の途についたが、その道すがら迷い下総上総を彷徨いようやく辿り着いたのがこの地である。姫宮はここには館を建てて鎌倉御所と称した。今の妙宣寺地内の後丘である。

 宮家の子が御所を建てたという事から、(宮)家之子、姫島の地名がついた。

この地を鎌倉に擬し、延元2(1337)年鶴岡八幡宮の分霊を勧請し、惣社八幡宮と崇め、家之子姫島両村の鎮守として今日に至る。

 

元禄10(1697)年六月吉日の本殿棟札には施主中嶋正春、大工松之郷五兵衛、木挽は当村賀衛とある。 

また前社殿は中嶋式部正春の代に再興されたが、明治35(1902)年8月28日の暴風雨のため中嶋正則の代に再興している。

境内社:子安神社 菅原神社 稲荷神社